1. トップページ
  2. 男性不妊
  3. 男性不妊の検査内容

男性不妊の検査内容

男性不妊の検査は精液を顕微鏡で見たり超音波で精巣を確認する基本検査と、陰嚢を切開して中の組織を確認したりする精密検査に分けられます。

基本検査

精液検査

マスターベーションによって出した精液を顕微鏡や分析用の機械を使って検査します。

これにより精子の数、運動率、奇形率などを知ることができます。

二日酔いや風邪など体調不良のときは結果が悪くなる場合もありますので再検査をすることもあります。

精液の採取は病院の採精室という個室で行いますが事前に自宅で採取することも可能です。

ホルモン検査

採血して血液中のホルモン値を調べます。

テストステロンや黄体化ホルモンなど精子の製造に関係するホルモンの値を検査ることによってどこに異常があるのか調べます。

超音波検査

超音波を出すプローブという機械を陰嚢に当て反射波を映像としてモニターに映します。

精子をつくる機能と関係する精巣の大きさを調べたり、血流の状態を調べることができます。

機械を当てるだけですので痛みはありません。

精密検査

精巣組織検査

陰嚢の皮膚を切り中から精巣内の組織を一部取り出して精子の有無を確認します。局所麻酔をして行います。

事前の精液検査によって精子が少ないと判断されたときに行われることが多いです。

精巣内に精子がいれば精子の通り道の問題であると判断されます。

検査時に取り出した精子は体外受精で使用するために冷凍保存しておくこともあります。

抗精子抗体検査

抗体とは有害な物質を攻撃して体を守る働きをもつものです。

しかし中には自分の精子を有害な物質と判断して攻撃してしまう抗体もあります。

この抗体が存在していないかを確認するために採取した精液を検査します。

抗体に付着するイムノビーズを使用したイムノビーズテストを行うことが多いです。

染色体検査

採血をして染色体の数や構造を調べます。

無精子症や乏精子症の人のうち数パーセントに染色体異常が見られます。

染色体異常は非常にデリケートな問題であるためカウンセリングも同時に受けることで理解を深めることが大切です。

精管精嚢造影検査

精子の通り道である精管に異常がないか調べる検査です。

陰嚢を切り中から精管を引き出しそこに造影剤を注入します。

レントゲン撮影をすると造影剤を注入した部分が白く写るため精管内の閉塞箇所や詰まり具合が分かります。

局所麻酔を用いて行いますが痛みが数日ほど残る場合もあります。

尿中精子検査

射精時に精子が膀胱へ逆流してしまう障害を逆行性射精と言います。膀胱内に入った精子は尿と一緒に排出されます。

射精後の尿中の精子の数を調べることで逆行性射精かどうかの判断を行います。

精子尾部検査

精子の尾部(しっぽ)を電子顕微鏡で確認します。

尾部に異常があると精子の動きが悪くなりため受精することができません。

生きているのに動いていない精子が多いときに行います。

サイトマップ